遠藤研の繁村さんが第38回経済学会賞(本行賞)を受賞

受賞情報

横浜経済学会の主催する令和2年度の懸賞論文において,環境リスク共生学科4年の繁村周さん(指導教員:遠藤聡准教授)の論文「技術関連性分析による地域の成長可能性の評価―日本のAI関連産業を事例としてー」が横浜経済学会賞(本行賞)・佳作を受賞しました。

同学会は横浜国立大学経済学部の教員と学生を中心に組織されていますが,都市科学部の学生も会員になることができます。本行賞は学部・修士の学生会員を対象として,応募論文の中から優れた研究に対して優秀作あるいは佳作として表彰するものです。

https://www.econ.ynu.ac.jp/campus/support/economic_society/index.html

賞状

2021年3月29日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : envrisk-kanri